ダルビッシュが日本の野球について語った。

ダルビッシュ投手がある取材で、日本の野球について語ったインタビュー記事を見た。
一言でいえば、根性論で野球するのは良くないという内容だった。
それは自分もとっても賛同できる話。
うちの子供はいま13歳の中学1年生で野球部に入っている。
先週、部活の様子を見に行った時のことだが、野球部の監督がすごかった(悪い意味で)。
もう10分間隔で子供たちに怒鳴る。
ミスをしてしまった選手に対しては、もう本当にすごい剣幕で怒鳴る!
その様子を見た子供たち全員は、萎縮してしまい、野球を楽しんでいる様子は、全く感じなかった。
これは、どうか?と疑問に思う。
昔ながらの根性で頑張る練習方法。
昭和そのものの古い方法で指導される子供たちがとっても可哀想だ。
他の学校の若い30代ぐらいの監督は、ミスしても決して怒鳴ったりはせず、子供たちに伸び伸び練習させたり、科学的なトレーニング法で指導していた。
根性論を全否定したいわけじゃない。
野球に限らず人生には、根性で乗り切らなければならない局面もあるからだ。
でもあの監督の指導は行き過ぎのように感じた。
これは、わたしたち親同士が集まって指導者を交代させべるべきなのかもしれない。