若い薬剤師の負担も少しでも減らせるように

薬剤師という仕事は、働いていれば自然とスキルも身についていきます。スキルが高ければ、その力を社会に役立てられるので多くの病院での活躍も期待できます。年収を上げたい薬剤師も少しでもスキルを多く身につけるようにしており、私自身もスキルを十分身につけた時に転職を決意しました。

その時勤めていた病院で、手術までできるようになってかなり力が有り余るようになってきたので、若い薬剤師にもその力を覚えてもらって仕事を変えることにしました。転職では年収も高くでき、もっと私のスキルを必要としている人々がいるところで働けるようだったのでやりがいもありそうでした。

求人サイトでは私の身につけたスキルを役立てられる病院も探しやすく、いくつかの条件で仕事を見つけられたので助かりました。転職した後には、しばらくその現場に慣れるのが大変でしたが、ある程度の装置の違いに慣れて、地域性や他の薬剤師との関係を築けてくるとかなり楽に仕事できるようになりました。

はじめは待遇もよかったので夜勤や病棟管理などを任されることはなく、若い薬剤師の経験の場でもありましたが、最近は余裕も出てきて夜間の病棟管理などもやってみるようにしています。看護師との連携もしっかりできるようになっており、若い薬剤師の負担も少しでも減らせるように力を発揮できています。

そこまで重症の患者はいないですが、高いスキルを身につけていないと治療できないものがあるのでやりがいはとても大きいです。転職をすれば年収もかなりアップできるので、求人サイトは少しずつチェックしておくとよいでしょう。

薬剤師が転職をするときに気を付けるべきは年収とリスクのバランスです。年収が高い仕事ほど、治療や手術が難しい仕事を任されたり、労働時間が長い場合もあります。大きな手術があれば時には失敗して命を助けられないこともあります。近年は薬剤師でも医療ミスなどを追及されて、真剣に行った治療も認められない場合があり、問題になることもあります。

https://peraichi.com/landing_pages/view/s05wi