閑古鳥

商売などが流行らずに、お客さんがこない状態のことを「閑古鳥が鳴く」と言います。でも一体、閑古鳥とはどんな鳥なのでしょうか?皆さんは閑古鳥を見たことがあるでしょうか?そもそも、閑古鳥がこの世の中に実在するものなのでしょうか?ひょっとしたらこの世の中には実在しないかもしれませんよ。
閑古鳥はどんな鳥なのかについて解説をしていきますね。古くには松尾芭蕉が「憂きわれをさびしがらせよ閑古鳥」と句を詠んだように、閑古鳥の鳴き声は非常に哀しい鳴き声をしている様です。そんな閑古鳥の鳴き声がどんなものなのかというと、驚くべきことに、カッコーです。菅野良い方ならもうお気づきでしょう。そうです、閑古鳥とはカッコウのことなのです。その寂しい鳴き声から、お客の来ない寂しい店で鳴いているという印象を持つ人が増えていったのです。
貞子の豆知識を紹介しますね。来る、きっと来る・・・。多くの人はこの歌詞で覚えていることでしょう。しかし実際の歌詞は、Oooh(ウー)、きっと来る・・・。なのです。貞子がやって来るという恐怖の心理が作用して、映画を見た人はこのように頭の中で歌詞を変えているのでしょう。最初の歌詞がOoohだということよりも、リングの世界観にそぐわない軽快な曲調をしているんですよね。